太陽光発電にデメリットはないのか

太陽光発電は「何かと」環境に優しいのがメリットです。

温暖化ガスの排出が非常に少ない

太陽光発電の発電1kWhあたりの温暖化ガス(二酸化炭素など)の排出量は、火力発電とくらべて1/10以下と圧倒的に少ないことがわかります。

太陽光発電では基本的に光を電気に直接変換するので、発電中に2酸化炭素を発生しません。さらに、太陽光発電は発電中に他の汚染物質の排出や発生もありません。

2酸化炭素を排出するのは、製造の際が主となります。

でも、製造する際に排出するなら意味ないのでは、と思われますが、コレは大丈夫です。

というのも太陽光発電を製造する際に排出する2酸化炭素の量は、太陽光発電を運用することで削減できる2酸化炭素の量よりも非常に多く、1〜2年もすれば、間違いなく2酸化炭素を減らしていると言えるのです。

その他の環境負荷も少ない

太陽光発電のソーラーパネルの寿命は20年以上と言われています。太陽光発電には可動部が無いため、メンテナンスもかんたんで、またほとんど必要ありません。

さらに構成部材のほとんどがリサイクル可能であるので、こういった面でも環境に優しいと言えます。

自家発電だから電気代も安く、デメリットもなくみんなの役にも立つ

太陽光発電は自家発電だから家庭の電気代を安くできます。
さらに最近では、発電した電気を買い取ってもらえる制度まであるのです。

また、それだけではなく自家発電でみんなの役に立つこともできます。
一体どういうことでしょうか?

設置後に周辺のビルの建設や電柱、隣の家の影の影響が出てしまえばどうしようもありませんが、設置前であれば日陰に強い化合物系のソーラーパネルを使用することでこの問題を解決することができます。

太陽光発電で電気代が安く

太陽光発電で発電した電気は、家庭で使うことができます。
発電した電気は売ることもできるのですが、基本的にはまず自家消費に回されます。

そのため、電力会社から電気を買う量を少なくすることができます。

「太陽光発電で発電するから、電気代は0円にできるのでは?」
と思われるかもしれませんが、蓄電池がない限り、少なくとも夜間に使用する電気は買わなければなりません。

しかしながら、電気代はかなりの額減らすことができます。

発電した電気を買い取ってもらえる

発電した電気は、まず自家消費されますが、余った電気は電力会社に売ることができます。
この制度のことを売電制度、電力買取制度と呼びます。

現在ではこの売電制度が充実しているため、高い値段で余った電力を売ることができます。
そのため、なるべく発電した電気は家で使わずに売るようにしたほうが得です。

みんなの役に立つことも

震災の直後などは、昼間の電気が足りなくなるから、輪番停電を行ったりしましたね。
その際、注目されたのが、ピークシフトという概念です。

これは、電力の使用量がピークとなる昼間に、なるべく電気を使用しないようにして、電力の不足が起こらないようにしようという取り組みでした。

太陽光発電はこのピークシフトを行うのに適しています。と言いますのも、太陽光発電ではそういったピーク期に発電を行っているため、電力会社から電気を供給されていないのです。

このようなメリットを持っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です