もしして妊娠したかも?と思ったらチェックする項目

「もしかして、妊娠したのかしら?」と感じるいちばんのサインは、月経の遅れでしょう。
しかし女性の体のリズムは、環境の変化などに左右されやすいもの。ストレスから月経が遅れることも、珍しくありません。
また普段から月経周期が不規則だったり、周期にばらつきがある人は、月経の遅れから妊娠を見分けるのはむずかしいでしょう。上にあるような、体の変化にも気を配
り、「なんだかいつもと違う」と思ったら、早めに産婦人科を受診しましょう。
順調に妊娠が進んでいるのに、まれに月経と間違えるような出血があることもあります。これは腹痛などがなければ一時的なもので、心配のないこともあります。しかし実際は妊娠しているのに、このような出血があると、妊娠に気づくのが遅れてしまうことも。
月経の様子がいつもと違うときは、妊娠の可能性を考えてみましょう。
また流産の前ぶれとして出血することもあります。腹痛を伴う出血があったり、普段の出血の量や色と違う場合は、注意が必要です。
理由もなくイライラする。
ホルモンバランスが変化するので、わけもなくイライラしたレノ不機嫌になることもあります。
おりものが増える。
妊娠するとおりものの量がふえることがよくあります。人によっては肌荒れを実感することも。
基礎体温の変化
妊娠していない場合の基礎体温は、高温が続く時期(高温期)と低温が続く時期(低温期)との2つに分かれるのが普通です。妊娠すると、体温を上げる作用のある黄体ホルモンが分泌され続けるので、高温期がより長く続きます。妊娠していないと高温期は2週間ですが、それが3週間以上続いて、月経がこない場合は妊娠している可能性が大きいと考えられます。
吐き気がしてムカムカする
いわゆる、つわりの症状です。個人差が大きいので、まったく感じない人もいます。
月経の流れ
月経周期が規則正しい人の場合、月経予定日より1週間以上遅れたら、妊娠の可能性が
身体が熱っぽくてだるい
妊娠のごく初期は「風邪かな?」と思うような微熱が続いたり、体がほてったりすることも。
おっぱいが張る
月経が始まる前のように、乳房が張ったり、乳首が大きく色が濃くなったりする人もいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です