太陽光発電にデメリットはないのか

太陽光発電は「何かと」環境に優しいのがメリットです。

温暖化ガスの排出が非常に少ない

太陽光発電の発電1kWhあたりの温暖化ガス(二酸化炭素など)の排出量は、火力発電とくらべて1/10以下と圧倒的に少ないことがわかります。

太陽光発電では基本的に光を電気に直接変換するので、発電中に2酸化炭素を発生しません。さらに、太陽光発電は発電中に他の汚染物質の排出や発生もありません。

2酸化炭素を排出するのは、製造の際が主となります。

でも、製造する際に排出するなら意味ないのでは、と思われますが、コレは大丈夫です。

というのも太陽光発電を製造する際に排出する2酸化炭素の量は、太陽光発電を運用することで削減できる2酸化炭素の量よりも非常に多く、1〜2年もすれば、間違いなく2酸化炭素を減らしていると言えるのです。

その他の環境負荷も少ない

太陽光発電のソーラーパネルの寿命は20年以上と言われています。太陽光発電には可動部が無いため、メンテナンスもかんたんで、またほとんど必要ありません。

さらに構成部材のほとんどがリサイクル可能であるので、こういった面でも環境に優しいと言えます。

自家発電だから電気代も安く、デメリットもなくみんなの役にも立つ

太陽光発電は自家発電だから家庭の電気代を安くできます。
さらに最近では、発電した電気を買い取ってもらえる制度まであるのです。

また、それだけではなく自家発電でみんなの役に立つこともできます。
一体どういうことでしょうか?

設置後に周辺のビルの建設や電柱、隣の家の影の影響が出てしまえばどうしようもありませんが、設置前であれば日陰に強い化合物系のソーラーパネルを使用することでこの問題を解決することができます。

太陽光発電で電気代が安く

太陽光発電で発電した電気は、家庭で使うことができます。
発電した電気は売ることもできるのですが、基本的にはまず自家消費に回されます。

そのため、電力会社から電気を買う量を少なくすることができます。

「太陽光発電で発電するから、電気代は0円にできるのでは?」
と思われるかもしれませんが、蓄電池がない限り、少なくとも夜間に使用する電気は買わなければなりません。

しかしながら、電気代はかなりの額減らすことができます。

発電した電気を買い取ってもらえる

発電した電気は、まず自家消費されますが、余った電気は電力会社に売ることができます。
この制度のことを売電制度、電力買取制度と呼びます。

現在ではこの売電制度が充実しているため、高い値段で余った電力を売ることができます。
そのため、なるべく発電した電気は家で使わずに売るようにしたほうが得です。

みんなの役に立つことも

震災の直後などは、昼間の電気が足りなくなるから、輪番停電を行ったりしましたね。
その際、注目されたのが、ピークシフトという概念です。

これは、電力の使用量がピークとなる昼間に、なるべく電気を使用しないようにして、電力の不足が起こらないようにしようという取り組みでした。

太陽光発電はこのピークシフトを行うのに適しています。と言いますのも、太陽光発電ではそういったピーク期に発電を行っているため、電力会社から電気を供給されていないのです。

このようなメリットを持っています。

初めての産婦人科!いったいどんな治療をするの?

「妊娠しているかも?」と思っても、あまりに早い段階〈月経予定日前)では、きちんとした検査結果が出ないこともあります。毎月規則正しく月経がきている人なら、「月経が1〜2週以上遅れたころ」がご受診タイミングの目安となります。
市販の妊娠判定薬は便利ですが、子宮外妊娠などの危険な妊娠でも、陽性反応が出ます。判定薬の結果だけで判断せず、赤ちゃんが無事に育っているかどうかを確認するためにも、必ず産婦人科の診察を受けましょう。また判定薬の結果が陰性の場合も、その後、月経がこない場合は受診してください。
妊娠に関わる検査は基本的に保険がききません。費用を確認する意味でも、事前に病院に問い合わせをするとよいでしょう。
初診の場合、診察は問診票への記入からスタートし、内診や各検査が終わったあとに、妊娠の有無などが説明されます。
妊娠していた場合は、推定の妊娠週数、出産予定日、今後定期的に受ける妊婦健診のスケジュールなどについて説明があります。赤ちゃんとママの健康を守るため、健診は自治体の補助券があるので利用しましょう(回数など、詳細は自治体によって異なります)。

初診で聞かれがちなことは確認しておくとスムーズ

初診のときに聞かれることは決まっているので、準備を。また医師に聞きたいことは、あらかじめメモしておくと、診察もスムーズです
●最終の月経開始日
●初経の年齢、月経周期
●大きな病気や手術歴、アレルギー歴
●自分と家族の持病
●現在使っている薬の名前
●出産時のトラブルの有無
●流産・死産・人口妊娠中絶を経験している場合、その妊娠週数
●不妊治療歴

受信するときの格好

トップス(前あきでそでがまくりやすいものを)
おなかの部分だけを出すことも多いので、上下が別々になっている服で、トップスは前あきタイプだとスムーズ。血液測定

もしして妊娠したかも?と思ったらチェックする項目

「もしかして、妊娠したのかしら?」と感じるいちばんのサインは、月経の遅れでしょう。
しかし女性の体のリズムは、環境の変化などに左右されやすいもの。ストレスから月経が遅れることも、珍しくありません。
また普段から月経周期が不規則だったり、周期にばらつきがある人は、月経の遅れから妊娠を見分けるのはむずかしいでしょう。上にあるような、体の変化にも気を配
り、「なんだかいつもと違う」と思ったら、早めに産婦人科を受診しましょう。
順調に妊娠が進んでいるのに、まれに月経と間違えるような出血があることもあります。これは腹痛などがなければ一時的なもので、心配のないこともあります。しかし実際は妊娠しているのに、このような出血があると、妊娠に気づくのが遅れてしまうことも。
月経の様子がいつもと違うときは、妊娠の可能性を考えてみましょう。
また流産の前ぶれとして出血することもあります。腹痛を伴う出血があったり、普段の出血の量や色と違う場合は、注意が必要です。
理由もなくイライラする。
ホルモンバランスが変化するので、わけもなくイライラしたレノ不機嫌になることもあります。
おりものが増える。
妊娠するとおりものの量がふえることがよくあります。人によっては肌荒れを実感することも。
基礎体温の変化
妊娠していない場合の基礎体温は、高温が続く時期(高温期)と低温が続く時期(低温期)との2つに分かれるのが普通です。妊娠すると、体温を上げる作用のある黄体ホルモンが分泌され続けるので、高温期がより長く続きます。妊娠していないと高温期は2週間ですが、それが3週間以上続いて、月経がこない場合は妊娠している可能性が大きいと考えられます。
吐き気がしてムカムカする
いわゆる、つわりの症状です。個人差が大きいので、まったく感じない人もいます。
月経の流れ
月経周期が規則正しい人の場合、月経予定日より1週間以上遅れたら、妊娠の可能性が
身体が熱っぽくてだるい
妊娠のごく初期は「風邪かな?」と思うような微熱が続いたり、体がほてったりすることも。
おっぱいが張る
月経が始まる前のように、乳房が張ったり、乳首が大きく色が濃くなったりする人もいます。